仙台牛タン

宮城が誇る名産としては仙台牛タンです。県民からも親しまれている名物です。

牛タンと聞くと薄くスライスしたものをイメージしてしまうと思いますが、仙台牛タンはかなり分厚く切られて出されます。

一つややこしいところではありますが、日本三大牛の一つという超高級ブランド牛の仙台牛を使った仙台牛タンはかなり珍しくお弁当として使用されているのは仙台牛ではないということです。

ごく一部では出されていますが、滅多に出されるものではないということです。普段はアメリカ産の牛肉などを輸入して使用していることもあるので誤解しましょう。

仙台牛タンあくまで発祥という意味で用いているところもあります。だからこそ、本場の仙台牛をつかった牛タン弁当などを教えてあげたら喜ばれます。

牛タンとのはじめての出会いはかなり衝撃的だったことを覚えております。やはり他と違ってかなり分厚く、そして歯ごたえがあり、噛み切れるを覚えております。

そんな仙台牛タンと誕生したのは太平洋戦争後のことです。意外と名産品となったのは戦後ということで比較的新しいのです。

キッカケは戦争終了後にGHQが介入してきたことにより、大量のお肉が消費されました。そのときに余ったタンとテールを有効に使えないかということから誕生したと言われております。

しかし、はじめはぜんぜん普及はせずに、お肉の料理というよりはむしろ珍味的な感覚だったそうです。

そこから宮城県や仙台市民から広まったというよりは、観光客が仙台牛タンに出会いそこから世の中に広まったと言われております。

大人の関係
「ハッピーメール」
女性に人気
「YYC」
即アポ即出会い
「ワクワクメール」
圧倒的人気NO.1
「PCMAX」

»
 

トラックバック URL

コメントを書き込む