仙台くるみゆべし

柚餅子はかなり昔から存在し、源氏と平家の時代から言われているとおります。

全国各地に存在していますが、製造工程や形状や味もその土地土地でかなり個性があります。
名前だけは一緒でまったく違ったものが全国に存在知るのはかなり珍しい珍品といっても良いでしょう。

実際に柚餅子は珍味のほうに当てはまるものと、和菓子として販売されているものや中には薬味のゆべしなどといった。
かなりの差が違います。

その中でも仙台のくるみゆべしというのも仙台を代表する銘菓の一つで、特徴としては名前の由来ともなっている柚餅子ですが、柚子が入っていないのが特徴です。

柚子の代わりに当時材料として手に入りやすかったのと貴重な蛋白源と脂肪分となっている胡桃を代わりにしていました。
また、味付けもしょうゆベースに砂糖・などをつけて甘じょっぱいものになっていて柚餅子ではなく、油べしと書くこともあるようです。

栄養満タンで日持ちもしたので非常食用にも庶民から愛されていました。

特に関東地方で柚餅子と聞くと特に仙台地方の柚餅子を指すことが多い印象があります。

今ではくるみ柚餅子以外にも様々な首里が存在しており、バリエーションも豊富にあります。

くるみ柚餅子ファンは非常に多くてわざわざ取り寄せたりする人もいるぐらいです。
初めてくるみ柚餅子との出会いを体験するとあの歯ざわりが病みつきになる人が続出するらしいです。

もしまだくるみ柚餅子を食べたことがないと話になったら食べさせてあげて喜んでもらいましょう。

大人の関係
「ハッピーメール」
女性に人気
「YYC」
即アポ即出会い
「ワクワクメール」
圧倒的人気NO.1
「PCMAX」

«
 

トラックバック URL

コメントを書き込む