仙台と伊達政宗の歴史

宮城県・仙台出身の歴史上の人物と言えば誰もがまず最初に上げるのは伊達正宗!この方以外他にいないでしょう。

初めての出会いは中学校の教科書と言う人が多いでしょう。

歴史の教科書にも必ず登場してきますし、ゲームの世界であったり、書物、ドラマなどなど、たくさんのところで知ることでしょう。そして伊達正宗との出会いで歴史好きになるぐらい死してもなお多くの人を虜にする人物です。

しかし、この伊達正宗についてどの程度みなさんご存知でしょうか?実際にあまり知らない人もいるかと思いますので、要点をまとめて気楽に教えていければと思います。

伊達正宗は陸奥仙台藩の初代藩主で、伊達輝宗と最上義光の妹の嫡男として生れました。幼少時に天然痘(てんねんとう)いう強い感染力をもち、世界中で猛威をふるった悪魔の病気にかかってしまい、その時に右目を失明したことから後に独眼竜と呼ばれるようになりました。

竜と呼ばれるのはまさに竜が昇るがごとくすさまじい勢いで勢力を伸ばしていったからかもしれませんね!

この独眼竜こと伊達正宗ですが、かなり家督争いなどでもめて何と実の父親も殺してしまったのです。

そして邪魔者がいなくなったかのように次々と勢力を広めていき、いつのまにか奥州でも有名な武将となっていましたが、
生れてくる時代が遅かったのか当時の織田信長と秀吉などがいた為、全国統一は夢と散りました。

しかし、織田信長から一目置かれ、豊臣秀吉からかなり恐れられた剛の者で、全国で3番目の62万石もの莫大な報酬を頂いたとされております。

伊達男もこの伊達正宗の家臣が豪華な服装を身に纏い人目をつかせていたから来ております。

派手好きで歌舞伎ものだったとされておりますが、晩年には仙台藩の開発にも力を入れていたのです。

先見の目を持っていたとされております。
有名なものとして仙台城本丸にある馬に跨った銅像は観光スポットとしても有名です。

大人の関係
「ハッピーメール」
女性に人気
「YYC」
即アポ即出会い
「ワクワクメール」
圧倒的人気NO.1
「PCMAX」

«
»
 

トラックバック URL

コメントを書き込む