仙台・宮城の名前の由来

宮城県や仙台市の名前の由来を知っていますか?

アイヌ語のセンナイ(川の入り口)が語源とも言われております。

今も仙台城近くに仙台市青葉区川内という地名が残っていますよね!
そのセンナイがなまってセンダイ(仙台)になったというのが有力な候補とされております。

ほかの説としては中世ごろに築城しようとしたときに城の周りに千体もの仏様がいたので、千台あったことからセンダイと呼ばれるようになり、江戸時代に伊達政宗が領有してからは仙台と改称した!と呼ばれるようになったとも言われております。

宮城県の名前の由来としては奈良時代にまでさかのぼります。

今も名前が残っている多賀城市に東北地方の政治の拠点にしようと考えたのです。

当時の権力者が考えてそこに多賀城を建国する先遣隊にここは宮なる城になると力説して、そこから「宮城」の名にいつのまにか定着してしまったという説が有力です。

当時は今と違って電車や車といった一日もあればどこにでもいけるというわけでもなく、命がけだったとも言われております。

だからこそ城を建設させるにはそれ相応の必要性を説かなくてはいけなかったのです。

そういった発奮財から宮城が誕生したのではないでしょうか?

かなり古くから名前が決まっていたといわれております。

大人の関係
「ハッピーメール」
女性に人気
「YYC」
即アポ即出会い
「ワクワクメール」
圧倒的人気NO.1
「PCMAX」

»
 

トラックバック URL

コメントを書き込む